ガレージR&Dへ行ってみた

鏡原の「ラーメンてぃだ」がある三叉路を左斜めへと曲がり下って行くその先に、GARAGE R&Dがある。

「親戚のおばさんの影響ですかねw」と笑うのは代表を務める仲本さん。幼い頃にクルマに乗っけられては対向車の車名を教わり覚えていったという。高校時代はバイクにあけくれ、HONDAの名車CB400FOURも跨った。

rd2015DSC_0245

「バイクに乗るのも楽しかったですけど、いじるほうもはまってしまってw」

高校時代の放課後はほぼ毎日、バイクや車を思う存分にいじれる島袋板金に通い、見よう見まねで整備技術を身につけて行った。「バイクかクルマに触らない日なんて無かったですねw」と笑う。
高校卒業後、必然的に学校と同じかそれ以上に通っていた島袋板金で働くことに。そして板金・整備・塗装など自動車に関するあらゆることを学び、ついに20代後半で独立。ガレージR&Dを構えた。

rd2015IMG_20150403_0002

代表自らが、ガレージでの自動車整備はもちろんのこと、塗装、板金、営業、接客、経理までオールラウンドにこなす。
「軽から外車までどんなクルマも取り扱いますよ」

たとえ最新技術を駆使した欧州車でも、その修理を断ったりはしない。
わからないことがあれば徹底的に調べあげてどんなクルマにも対応する。
常に頭を柔らかくどんなクルマの状況でも柔軟に対応する姿勢には、
高校時代から培った豊富すぎる現場経験が生きている。

DSC_0007

ネットに関しても宮古島の自動車業界では珍しく、早くから取り組んできた。
「離島でも、都会の最新ガレージとひけをとらない技術、サービスを展開できるってところを見せたいですね」

同業他社の関係者から「お前はいつ寝てるんだ?」と言われるほど、
自ら修理や塗装の模様を画像に納め、細かくブログにUPしてきた。

→ガレージでの仕事内容などが綴られたR&D日記はコチラ

「おかげで、島外から移住して来る方から相談を受けたり、ブログやホームページがご縁でお客様になったりするケースが増えましたよ」
地道な努力は成果を生みはじめている。

また、中古車販売時はR&D特製の徹底した防錆処理と外装コーティングを施すことで、他との差別化を図っており、ユーザーにも評判が高いという。

DSC_0001-1a (5)

02 (5)

20140204 005

また、お好みのオリジナルカラーを相談しながら造りあげてくれるR&Dの塗装技術も、島内では珍しい専用ブースで、丁寧に仕上げられる。島内でたまに見かけるオシャレなショップカーにはR&Dのステッカーが貼られていることが多いのもうなずける。バイクやジェットスキーなどのカスタム塗装の依頼も多く、島内からの信頼度合がうかがえる。

宮古島では唯一の”ダイハツ専売店“として、新車はダイハツのみを扱う。
ガレージR&Dは2014年現在、ダイハツの「ベストピット店」に認定されている。ダイハツの新車購入をご検討の方は手厚いフォローとメーカーお墨付きの技術提供が受けられるので是非おすすめだ。

↓新型CASTもいち早く宮古島ではガレージR&Dに登場した↓20150925-cast-rdDSC_0043

「これからも、現場にはずっといたいですね…

何よりクルマ好き。お客さんのクルマへのコダワリに対し
「それ以上」に応えるのが、ここガレージR&Dの信条だ。

 

ガレージR&D
宮古島市平良字西里1672-4
電話:75-5535

↓公式ホームページはコチラ↓

↓ガレージR&Dの詳しい場所はコチラ↓

関連記事

PICKUP

2015-11-17

S15 Powered by GARAGE U

ページ上部へ戻る