激写!宮古島名車ギャラリー FD3S編 

 

ガレージR&Dで出くわした日本の名車FD3S。そう、現存するマツダRX-7の最終形。
オーナーの許可を得て激写させて頂いた、その雄姿をとくとご覧あれ。

rd-fd3s-DSC_0063 rd-fd3s-DSC_0060 rd-fd3s-DSC_0057

10年以上も前のクルマとは思えない
最新モデルにも引けを取らないデザイン。
いや、現行ではもはや実現不可能かもしれない伝説のクルマ… rd-fd3s-DSC_0055 rd-fd3s-DSC_0052 rd-fd3s-DSC_0047

車体の側面にドアがある、のではなく
曲面の一部がドアとして切り抜かれたのだ。

rd-fd3s-DSC_0046 rd-fd3s-DSC_0043 rd-fd3s-DSC_0039

奇天烈でまばゆいテールランプの造形などで個性を主張するのではなく
名車FD3Sはそのシルエットだけで強烈に個性を表現できるのだ。

rd-fd3s-DSC_0038
地を這うFD3Sのドアノブ
この高さこそが自然に手が届く適正ポジションなのだ。
ここにもロータリーの三角おむすびが潜むコダワリ。
rd-fd3s-DSC_0029 rd-fd3s-DSC_0028

リヤサイドからドアミラーを眺める。
ドライバーはミラー越しにこのSEXYな曲線美を常に味わえるのだ。

rd-fd3s-DSC_0025

 

rd-fd3s-DSC_0024

静かにロータリーが回転をはじめ
その後ろ足を蹴り出す・・・
そんな”走りだす姿”が待ち遠しくなる
肉感のあるこのリヤサイドビュー

rd-fd3s-DSC_0019 rd-fd3s-DSC_0018

このクルマにバンパーを付けたのではない
FD3Sの一部をバンパーとも呼ぶのである。 rd-fd3s-DSC_0014 rd-fd3s-DSC_0008 rd-fd3s-DSC_0007

これだけのタイヤを履いても、まだありあまるホイールアーチ。
鍛え抜かれた勝つために生まれたハイパーアスリートゆえの余力がある。

rd-fd3s-DSC_0005 rd-fd3s-DSC_0004 rd-fd3s-DSC_0002

 

☟マニアックなクルマ好きも集るガレージR&Dの新ホームページはコチラ☟

banner-rd

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

宮古島の激安HP作成

行政書士をお探しなら

新車を検討されている方へ

ページ上部へ戻る